TOP:保険と税金
×閉じる
×閉じる

自動車保険 関連ページ一覧

自動車の総合サイト「自動車ランニングコスト」の、自動車保険に関連するコンテンツ一覧ページです。自動車保険について知りたい情報をお持ちの方は、各専用ページをご参照ください。

自動車保険のメインコンテンツ

自動車保険について

自動車保険の仕組みをご存知でしょうか?自動車保険の基礎知識、等級が下がりきるとどうなるか?保険価格を決める等級・年齢・限定条件・車種、車両保険に免責、自賠責保険などについての解説。さらに安くする方法などについても解説します。自動車保険のことを知って保険を賢く選びましょう。

[オススメ]

自動車保険の相場

自動車保険はどのくらいの保証を付ければよいのかは、年齢や等級によっても価格が異なります。このページでは自動車保険の相場について、人身傷害、対物障害、搭乗者傷害などケースごとの情報を掲載しています。

年齢別の自動車保険相場はこちら

[解説]20歳以下の自動車保険相場
[解説]21歳以上の自動車保険相場
[解説]26歳以上の自動車保険相場
[解説]30歳以上の自動車保険相場
[解説]40歳以上の自動車保険相場
[解説]50歳以上の自動車保険相場
[解説]高齢の方の自動車保険相場
[解説]軽自動車の自動車保険相場
さまざまな相場をシミュレーション:

[オススメ]

自動車保険を試算(シミュレーション)

あなたの自動車保険はいくらぐらいになるのか、保険会社に登録することなく年齢・等級・走行距離などを入力して手軽にシミュレーションすることができます。さらに車種を選ぶともっと詳しく調べることできます(自動車保険シミュレーションはネット保険サイトでいろいろ条件を変えてデータを取りました。)

税金シミュレーションもご利用ください)

自動車保険会社の比較

自動車保険は何を基準にどこを選ぶのが良いでしょうか?一括見積もりで一番安い保険会社にすれば良いのでしょうか?いえいえ自動車保険は価格だけでなくどれくらい対応できるかも重要です。保険徹底比較では保険会社の従業員数や経常収益、格付けなど調べました。料金だけでなく会社の規模などで対応力を評価して保険を選びましょう。

通販型?代理店型?どちらを選ぶ?

自動車保険には通販型自動車保険と代理店型自動車保険があります。テレビのコマーシャルで良く聞くのは通販型ですが代理店型の方が安心という声もあります。どちらを選べばいいか解説ます。

任意保険料率クラス

自動車保険は車種によって価格が変わります。その設定は任意保険料率クラスによって決められています。任意保険料率クラスには対人、対物、搭乗者、車両があり、1-10までの10段階評価。(軽自動車はすべて5)ここでは車種を指定してその車種の任意保険料率クラスを調べることができます。

関連記事:自動車保険が高い車と安い車の相場

自動車保険料率クラスランキング

自動車保険の安い車種はなんでしょうか?逆に高い自動車保険の車種は?車両保険がとびぬけて高い車はあるのでしょうか?対人、対物、搭乗者、車両保険の4項目の保険料率クラスを安い・高い順にランキングで表示します。意外な車がいっぱい見つかるかもしれません。

自動車保険の:トータルが安い| 対人が安い| 対物が安い| 搭乗者が安い| 車両が安い

【自動車保険】参考純率改定2018から保険が8%安くなる

損害保険料率算出機構の2017年5月11日金融庁長官への届出、2017年5月30日適合性審査結果通知受領 によると【自動車保険】参考純率改定することになり
(1)自動車保険の参考純率を平均で8.0%引き下げます。
(2)個々の契約者のリスクに応じた保険料率となるように設定している料率区 分ごとの較差の見直し等を行います。
との事で自動車保険料金が平均8%下がることになりました。

自動車保険 その他のページ

保険の見直しで年間3万円も保険料が安く

維持費の中でもっとも簡単に年間維持費を万単位で下げようと思えば保険の見直しがベストです。インターネット割引などがあるので、毎年保険を見直して検討した方がお得に契約できる可能性が高いです。
一括見積もりを試してみました。そのレポートはこちら:保険スクエアbang!保険の窓口インズウェブ