TOP:自動車保険について:自動車保険ガイド
×閉じる
×閉じる

自動車保険ガイド

ここでは自動車保険の基礎知識・通販型の自動車保険と代理店型の自動車保険の違いなどなど、自動車保険に関する情報をまとめています。

任意保険のシミュレーションはこちら

任意保険と自賠責保険

自動車の保険は大きく2種類に分けられます。 自賠責保険は強制保険で重量税を支払うときに払うことになっており、普通車で年間16350円、軽自動車は年間15600円です。 ただし自賠責保険は対人保険のみで対物や搭乗者は保障されません。
それを補うのが自動車保険。自動車保険は自賠責ではまかにきれない部分を補って保障します。

自動車保険は3つの補償

自動車保険は基本的に次の3つの補償で構成されています。

自動車保険のかけ方・注意事項

保険のプランはどれに入ればいいかと、ダイレクト型自動車保険は代理店型に比べてあたりまえのように半分ぐらいの料金になり、とてもお得ですがしっかり確認しないと大事故に会ったときに保険がおりない事になりかねません。チェックポイントを確認しましょう

事故にあった時どうするか

起こしたくはないとはいえ事故を起こしてしまった場合はどうすればよいでしょうか?解説します

安心のロードサービス

ガス欠、バッテリーが上がった、キーを車の中に閉じ込めてしまった、パンク、車が動かなくなった など困ったことも自動車保険ロードサービスでカバーできます。

保険会社を選ぶポイント

自動車保険はたくさんありますがどうやって選べばいいのでしょう?ディーラーや中古車販売店のおすすめ?それとも知り合いの口コミ?いろいろありますが、保険料金は会社によって結構違います。

ネットでの自動車保険の割引

ネットでの自動車保険の割引などどんな種類があるか解説します

保険のプラン

安く済ますか、事故の時に安心をえらぶか2つのプランをご紹介します。どうすればいいかわからない方はご覧ください。

対応はどうなの?ダイレクト型自動車保険レポ

実際に事故をおこしてしまった場合ダイレクト型はどうなるのかレポートします。

本当に高い?ディーラー代理店の自動車保険レポ

ディーラー代理店型の自動車保険を取材しました。
いままではダイレクト型の自動車保険に入っていたのですが、今回は代理店型とダイレクト型の違いを確認するために、料金は高くなるのですが行ってきました。
自動車販売店のディーラーが代理店型となる自動車保険で、はじめて新車を購入される場合はここで勧められることも多いと思います。

自動車保険等級ガイド

自動車保険には等級があり、初めて保険に加入したとき6等級からスタートして、1年間無事故の場合は次年度から7等級になり保険料が割引される制度です。

自動車共済と一般の保険の違い

自動車保険とよく似た「自動車共済」があります。ほとんど同じようで違う「自動車共済」。どこが違って加入にはどう気をつければいいのでしょうか?説明します。

自動車ではなく自転車の補償 各社の対応

最近ニュースで見かける自転車事故の高額賠償。京都市など自転車に乗る場合は保険の加入が義務付けられる自治体も増えてきました。ここでは自動車保険に自転車の補償が自動で付いているか、オプションの特約かそれとも設定がないか調べて見ました。

アクサダイレクト自動車保険シミュレーション結果

多くの自動車保険会社で見積もりがシミュレーションできるようになっています。中でもアクサダイレクトの見積もりは簡易入力できっちり結果が返ってとても良いです。いくつか見積もりを試したので掲載いたします。

保険会社ピックアップ

ネット系

とにかく安いのが魅力。その分サポートは少ない

自動車保険の特徴をまとめました。参考にどうぞ
ソニー損保損保ジャパンイーデザイン損保セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」チューリッヒアメリカンホームダイレクトSBI損保アクサダイレクト三井ダイレクト損害保険株式会社

代理店系

高額になるが契約や事故後が楽。保険代が20等級で安い人はこちらも良い
三井住友海上| あいおいニッセイ同和| 損保ジャパン| 東京海上日動| 日本興亜

自動車保険の口コミ

自動車保険の口コミをまとめていっています。おすすめの保険が見つかるかも
ソニー損保損保ジャパンイーデザイン損保セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」チューリッヒアメリカンホームダイレクトSBI損保アクサダイレクト三井ダイレクト損害保険株式会社セコム損害保険株式会社そんぽ24チャブ損害保険あいおいニッセイ同和損保朝日火災海上保険東京海上日動火災保険共栄火災日新火災ゼネラリ富士火災三井住友海上AIU保険

保険会社徹底比較はこちら|ダイレクト型自動車保険の安さの秘密を分析