TOP:自動車保険について:自動車保険ガイド:自動車共済と一般の保険の違い
×閉じる
×閉じる
任意保険のシミュレーションはこちら

自動車共済と一般の保険の違い

自動車保険とよく似た「自動車共済」があります。ほとんど同じようで違う「自動車共済」。どこが違って加入にはどう気をつければいいのでしょうか?説明します。

共済とは

共済とは協同組合などの団体が運営している保険の仕組みをいいます。民間の保険会社と違いその事業は営利を目的としたものではありません。そのため、一般的に民間の保険会社よりも安い掛け金(保険料)で保障が得られます。

普通は組合員しか入れないのですが、共済加入と同時に組合員になるといった間口を広くする工夫がされていてJA共済は出資金を支払うことで「准組合員」となり、共済に加入することができます。ということなので実質だれでも入れるようです。共済は「JA共済」だけでなく「コープ共済」や「全労済」などがあります。出資金は1000円程度でやめるときには戻って来ます。

用語も一般の保険会社と違います。

自動車保険自動車共済
保険料掛金
保険金共済金
契約者加入者(共済契約者)

自動車共済の価格

「JA共済」の自動車共済ですが見積もりサービスを試してみるとかなり安いことに驚かされます。 ただしダントツに安いかというとそうでもなく、通販系の自動車保険よりは少し高いようです。

自動車共済のロードサービス

ロードサービスも夜間休日の現場急行やレッカーサービスなど一般の保険と大差ありません。

自動車共済の事故対応

保険会社ではないということで事故対応が大丈夫なのかとも思いますが、口コミ検索をしたところ大きな不満もなく、経常利益もJA共済は非常に良いのでつぶれるようなこともなさそうです。

乗り換えの落とし穴

自動車共済から一般の自動車保険や一般の自動車保険から自動車共済への乗り換えは可能。 等級も「保険」から「共済」の場合は引き継ぎ可能。しかし「共済」から「保険」の場合は保険会社によって規定が違うので要注意。 特に保険を使った時の等級DOWNが「共済」で大丈夫でも「保険」ではダメな場合もあるので事前に確認しましょう。

共済の担当者の説明

共済の担当者は保険代理店の営業に比べれば自動車共済専門の職員さんというわけではなく担当者の知識によって保険等級の引き継ぎなど曖昧な場合がある。保険代理店の営業は専門なので詳しいが共済の場合はそれほどでもない場合があるのである程度は自分で調べることが必要。

結論

価格で魅力のJA共済。近所づきあいや会社関連でおすすめされて検討しているなどさまざまな理由で検討されていると思います。
価格も保証も対応も保険会社よりは大きく見劣りすることはないのですが、今後保険を乗り換える可能性がある方はノンフリート等級の引き継ぎだけはできるのかしっかり確認してください。特に事故を起こしてしまった場合の引き継ぎもして納得してから入るようにしましょう。

保険会社ピックアップ

ネット系

とにかく安いのが魅力。その分サポートは少ない

自動車保険の特徴をまとめました。参考にどうぞ
ソニー損保損保ジャパンイーデザイン損保セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」チューリッヒアメリカンホームダイレクトSBI損保アクサダイレクト三井ダイレクト損害保険株式会社

代理店系

高額になるが契約や事故後が楽。保険代が20等級で安い人はこちらも良い
三井住友海上| あいおいニッセイ同和| 損保ジャパン| 東京海上日動| 日本興亜

自動車保険の口コミ

自動車保険の口コミをまとめていっています。おすすめの保険が見つかるかも
ソニー損保損保ジャパンイーデザイン損保セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」チューリッヒアメリカンホームダイレクトSBI損保アクサダイレクト三井ダイレクト損害保険株式会社セコム損害保険株式会社そんぽ24チャブ損害保険あいおいニッセイ同和損保朝日火災海上保険東京海上日動火災保険共栄火災日新火災ゼネラリ富士火災三井住友海上AIU保険

保険会社徹底比較はこちら|ダイレクト型自動車保険の安さの秘密を分析