TOP:自動車保険について:自動車保険ガイド:ネットでの自動車保険の割引
×閉じる
×閉じる

自動車保険と自賠責保険

自動車の保険は大きく2種類に分けられます。 自賠責保険は強制保険で重量税を支払うときに払うことになっており、普通車で年間16350円、軽自動車は年間15600円です。 ただし自賠責保険は対人保険のみで対物や搭乗者は保障されません。
それを補うのが自動車保険。自動車保険は自賠責ではまかにきれない部分を補って保障します。 (あくまで補うという形なので自賠責保険に入らないことはできません。)

自賠責保険自動車保険
対人傷害120万円まで
死亡3,000万円まで
後遺障害4,000万円まで
対物×
自分自身の怪我×
自分の車×
搭乗者×
相手方との交渉×

車にぶつけてドアをへこませてしまった場合

自賠責だけでは対物保険は付いていないので自分で示談交渉してドアの修理代を支払うことになります。 (約100,000円) また自分の車が壊れた場合はその修理代も必要です。

歩行者をひいてしまった場合

自分で示談交渉、治療費、通院の交通費、慰謝料など支払う。120万円までは自賠責でまかなえるがそれを越える分は支払わないといけない。 一旦立替える必要もある。また自賠責の請求などややこしい手続きがあります。

自動車保険と自賠責保険自動車保険は3つの補償事故にあった時どうするか安心のロードサービス保険会社を選ぶポイントネットでの自動車保険の割引保険のプラン対応はどうなの?ダイレクト型自動車保険レポ