TOP:自動車保険について:自動車保険が高い車と安い車の相場
×閉じる
×閉じる

自動車保険が高い車と安い車の相場

自動車保険には料率クラスがあり、料率クラスが高いほど保険料金も高額になります。
料率クラスには対人、対物、搭乗者、車両の4つのカテゴリがありそれぞれ10段階の点数がついています。 この点数が高いほど事故を起こしやすい車という事になり保険料金も高くなります。
では最強に保険料金が高い車はいくらぐらいになるのでしょう。実際に見積もりをして比べてみました。 料率クラス一覧はコチラ

自動車保険見積もり条件

車種をいろいろ変えて見積もりをとったのですが、車種以外の条件は合わせています。
条件は下記のように設定しました。

走行距離7000km以下等級はじめての6B等級
免許の種類ブルー運転者限定の有無本人限定
対人賠償無制限対物賠償無制限
車両保険なし年齢21才

料金の差を比べやすいよう、保険料金が高額になるよう年齢を21才にしました。20才だともっと高くなるのですがあまりに高額になりすぎるので今回は21才で調べています

見積もり結果

結果はインターネット割引ありなのでさらに10000円安くなっています。

フェラーリ F355スパイダー (1994年1月~1999年9月生産モデル)

この車は対人7対物9搭乗者5のかなり事故ったらやばいやつです。ちなみに車両保険は9ですが、今回は車両保険には入っていません。

標準プラン175,160 円/年
安心プラン(個人賠償特約)176,670 円/年
もっと安心プラン(個人賠償特約弁護士特約)180,010 円/年

どうでしょう、年間17万円。正直ケタが違います。ネット保険でこの価格はかなり驚きです。

メルセデス・ベンツ Sクラス(SCLASS)S600L

この車は対人9対物4搭乗者8です。

標準プラン132,620 円/年
安心プラン(個人賠償特約)134,130 円/年
もっと安心プラン(個人賠償特約弁護士特約)137,470 円/年

フェラーリより安い結果になりました。料率クラスに変更があったのかもしれません。しかし年間13万円超えです

ニッサンフェアレディZ 3700

古い外車ではわかりにくいので国産の最新フェアレディZです。料率クラスは調べられませんでした。

標準プラン99,710 円/年
安心プラン(個人賠償特約)101,220 円/年
もっと安心プラン(個人賠償特約弁護士特約)104,560 円/年

スポーツカーは事故率高いので当然保険料金も高くなるはずですが、10万円程度とそこそこ安くなって来ました。

フェラーリF12ベルリネッタ

昔の車は安全設計がいまほどすぐれていないので保険料金が高いのかもしれません。ですので新しいフェラーリです。

標準プラン102,930 円/年
安心プラン(個人賠償特約)104,440 円/年
もっと安心プラン(個人賠償特約弁護士特約)107,780 円/年

こちらフェアレディより少し高いものの保険は10万程度とやはり最初のF355に比べたらかなり安くなっています。

高い保険はなんとなくわかったので今度は料率クラスの低い車をみてみましょう。

ニッサン:ラングレー,パルサー,リベルタビラ[型式HN12]

この車は対人1対物1搭乗者2です。信じられないほど低いです。パルサーとは懐かしい。けっこう飛ばす印象があるのですが気のせいでしょうか。

標準プラン49,740 円/年
安心プラン(個人賠償特約)51,250 円/年
もっと安心プラン(個人賠償特約弁護士特約)54,590 円/年

なんと21才なのに5万円程度です。最高額のフェラーリ17万円とくらべて1/3以下の価格です。

パルサー[型式HN12]で20等級45才

上の結果があまりにも安いのでベテランドライバーだといくらになるか調べてみました。

標準プラン8,820 円/年
安心プラン(個人賠償特約)10,020 円/年
もっと安心プラン(個人賠償特約弁護士特約)12,260 円/年

なんと1万円切りました。やすっ!こんな保険価格初めてみました。

トヨタ:カローラレビン,スプリンタートレノ[型式AE85]

86ではなく85ですよ。この車は対人2対物1搭乗者3です。

標準プラン66,100 円/年
安心プラン(個人賠償特約)67,610 円/年
もっと安心プラン(個人賠償特約弁護士特約)70,950 円/年

こちら6.5万円程度です。パルサーに比べると少し高くなりましたがまだ安いですね。

トヨタ:カローラレビン,スプリンタートレノ[型式AE86]

では86はどうでしょうか?

標準プラン54,620 円/年
安心プラン(個人賠償特約)56,130 円/年
もっと安心プラン(個人賠償特約弁護士特約)59,470 円/年

こちら5.5万円程度と上の85よりも安くなりました。このあたりの車に乗る人は大事に乗るのでしょうしあまり事故も起こさないのかもしれませんね。

いかがでしょうか?自動車保険の料率クラス。最高に高い場合と安い場合で3倍もの差がつきました。
これは保険料の高い最初のうちは気に入った車の中で料率クラスの低いものを選べば維持費を安く抑えることができますね。

自動車保険のさまざまな相場を見ていただけます:

関連記事