TOP:自動車保険について:自動車保険:損保ジャパンの特徴
×閉じる
×閉じる

自動車保険の損保ジャパンの特徴について

損保ジャパン

 損保ジャパンとは、株式会社損害保険ジャパンの略称であり、2002年7月に旧安田火災海上と旧日産火災海上とが、合併して発足した保険会社です。さらに、2014年9月1日に日本興亜損害保険と合併し、損害保険ジャパン日本興亜が発足しました。これにより単体の損害保険会社としては、日本国内最大となりました。2014年12月には、合併前の損害保険ジャパンで、自動車保険料の取りすぎが、最大で6478件あったことを発表しました。

 損害保険ジャパン日本興亜発足後も、旧損害保険ジャパンで起用されていたキャラクター「ジャパンダ」や、旧日本興亜損害保険で起用されていたキャラクター「エコラッタ」は、引き続きキャラクターとして継続使用されています。

 損保ジャパン日本興亜の個人用自動車保険「THE車の保険」は、「お客様の生活に寄り添い、一番の安心を提供できる自動車保険であること」を目的として、誕生した自動車の保険です。この「THE車の保険」は、充実の補償内容と万全の事故・故障対応、安心のサービスが特徴の保険です。

 「THE車の保険」には、4つの基本補償があります。対人賠償・対物賠償・人身傷害・車両保険という4つの基本補償と、安心の特約のラインナップとで、相手への補償はもちろんのこと、契約者の方の補償も充実しています。万が一事故が起こった際に、役立つのが自動車保険です。損保ジャパン日本興亜では、すべてのお客様に便利なサービスや、無料のスマートフォンアプリを提供しているというのも特徴のひとつです。

 「THE車の保険」加入者の方は、宿泊や旅行、ゴルフ、レジャー施設など、充実したカーライフをサポートするためのお得なサービスを提供する、「THE First倶楽部」を利用することができるようになっています。また、ネット通販の保険商品にはない、「顔の見えるサポート」が特徴であり、損保ジャパンの社員だけでなく、取扱い代理店でもお客様の疑問に応えることができます。

自動車保険の特徴をまとめました。参考にどうぞ
ソニー損保損保ジャパンイーデザイン損保セゾン自動車火災保険「おとなの自動車保険」チューリッヒアメリカンホームダイレクトSBI損保アクサダイレクト三井ダイレクト損害保険株式会社