TOP:損益分岐点: カーシェアリング・カーリース・自家用車どれがお得か
×閉じる
×閉じる

カーシェアリング・カーリース・自家用車どれがお得か

最近注目のカーシェアリング。以前はオリックスだけだったのですが、Times、カレコ(三井のリパーク)が増えてよりお得になってきました。そこで自動車を買うよりどれぐらいお得なのか調べてみました。
設定は毎週土曜日、1時間程度の買い物と1ヶ月に1度レジャーで12時間使用する人。(友達の家に遊びに行ったり釣りなんかで使う) 結果は下記のようになりました。

 カレコタイムズオリックスAオリックスB
入会金1500円1550円1000円1000円
月額980円1030円2000円0円
30分390円412円400円600円
12時間5800円6690円4500円6750円
1kmあたりの距離料金0円12円15円15円
毎週土曜日に
買い物に
使った場合
3120円/月3296円/月3200円/月4800円/月
月に1回
レジャーで
半日使った場合
5800円/月7890円/月6000円/月8250円/月
月額合計9900円/月12216円/月11200円/月13050円/月

カレコは入会金+2ヶ月無料キャンペーン
タイムズは学生・法人は月額無料
オリックスは学生は月額無料

一方、車を所有した場合

ダイハツ:ミライース:660 Xの維持費は月21472円です。
購入費用を入れない場合は月10850円になります。
(駐車場なし、任意保険/年:48000円、年間4000km走行の場合)

購入費用/年(購入費/買替年):123750円
軽自動車税/年:7200円 自賠責保険/年:15600円 重量税/年:3300円
ガソリン代/年 燃費22.4km/lで計算:25000円
自動車取得税/年(軽自動車3%):15600円 任意保険/年:48000円
車検代(1年・保険税抜き):31100円 駐車場代/年:0円
===========================
維持費/月:21472円(税/月 ※自賠責は税金として計算:3389円)
詳しくはコチラ

やはりカーシェアリングのほうが安いですが、半日使用を月2回するとおなじくらいになってきます。 週1回ほど定期的に買い物程度にしか使わない場合は良さそうです。

【コスモ石油公式】カーリース「スマートビークル」

こちらは新しいサービスでレンタルと違って車を所有することになります。
さらに自動車のローン代+軽自動車3880円で税金、自賠責、メンテナンス費用はリース料金に含まれます。
ただし60ヶ月(5年間)の契約が必要です。
また任意保険、ガソリン代は別途必要なので、上の購入シミュレーションと同じく、駐車場なし、任意保険/年:48000円、年間4000km走行の場合維持費は月28000円程度になります。税金、自賠責、メンテナンス費用が含まれているとはいえあまり安くはないですね(事故を起こしたりするとリース終了時にお金がかかります)

カーシェアリングのメリット

カーシェアリングはガソリン代、駐車場代、税金の維持費がかからない。また、乗らない月は基本料金0円というコースもあるので、あまり乗らない人はお得。 外車もあり、いろんな車にたまに乗るのに使ったりもできる。

カーシェアリングのデメリット

自分の車ではないので車内に小物を置いたりといったちょっとしたカスタマイズができない。 スマートフォンで予約など便利ではあるが、独占ではない。

車を所有するメリット

毎週車に乗り月2回程度長距離走るような場合は所有したほうが得です。 所有しているのでいつでも好きな時に使えますし自由にインテリアで楽しんだりもできます。

車を所有するデメリット

なんといっても維持費が高いです。車検、自動車保険、自動車税、重量税、駐車場代。

カーリースのメリット

税金、自賠責、メンテナンス費用が含まれています。車によっては所有するより安い場合もあり得ます。

カーリースのデメリット

所有といってもリースなので返却時にぶつけたりしていると余分な価格がかかることもあります。駐車場は必要です。しかも安くもありません。

三井のリパークで「カレコのカーシェア」
タイムズカープラス 個人入会はこちら
ORIXのカーシェアリング
コスモ石油のカーリース スマートビークル(燃料油割引付きカーリース)