TOP:損益分岐点: ETC割引のまとめ(2019/08)
×閉じる
×閉じる

ETC割引のまとめページ(2019/08)

たまに帰省で高速を使うとETC割引で助かるのですが、いままでもっと安かったのに先日はちょっと高くなっていました。変更されているETCを調べました。

平日朝夕割引

平日 朝:6時~9時 夕:17時~20時に高速を走行した:約30-50%割引

平日 朝:6時~9時 夕:17時~20時に高速道路のETCのゲートを通ること
※平日とは、月曜日から金曜日までを指します。(祝日を除く)
東京・大阪近郊は対象外

条件がかなりややこしいです。

1. ETCマイレージサービスに登録
2. 平日の朝・夕の時間帯に、割引対象区間をETCにより走行
3. お客さまの1ヶ月のご利用回数を確認します(5~9回:約30%、10回以上:約50%)
4. 翌月20日に還元額をお付けします。

休日割引

土・日・祝日にNEXCO3社が管理する高速国道等を走行。※走行距離に関する条件はなし

土曜日・休日に高速を走行した:約30%割引

普通車、軽自動車等(二輪車)限定
土曜日・日曜日・祝日
毎年1月2日、3日
※2019年は8月10日(土)から8月12日(月・祝)までの3日間、8月17日(土)から8月18日(日)までの2日間の合計5日間となります。
※2019年10月22日(火・祝)は休日割引が適用されます。
東京・大阪近郊は対象外

深夜割引

NEXCO東日本/中日本/西日本が管理する高速道路(一部の道路を除く)。

0時から4時に高速を走っていた:約30%割引

すべての車種が対象
※ 京葉道路・第三京浜道路・横浜新道・横浜横須賀道路は割引の対象外
東京・大阪近郊はOK
23:00入-5:00出でもOK

ETC2.0割引

東京に住んでいないとよくわかりませんが・・・
次の3つの要件をすべて満たすご利用の場合、東京外環道の料金を割引きます。
首都高速道路の都心環状線内の出入口(※1)を発着。
東京外環道を1JCT間のみ迂回利用して放射高速道路(※2)を利用。
料金所をETC無線通信により通行。

外環道迂回利用割引

NEXCO東日本/中日本/西日本が管理する高速道路(一部の道路を除く)。

ETC2.0搭載車両:高速自動車国道の普通区間の料金水準(例えば普通車の場合は24.6円/km)の料金に割引

ETC2.0車が対象
圏央道(茅ヶ崎JCT~海老名JCT、海老名~木更津JCT)、新湘南バイパス(藤沢~茅ヶ崎JCT)のみ

アクアライン割引

東京湾アクアライン(浮島ICから木更津金田ICまで)

通常料金ETC車割引料金
軽自動車2,470円640円
普通車3,090円800円
中型車3,700円960円
大型車5,090円1,320円
特大車8,490円2,200円

関越特別区間(水上~湯沢間)割引

東京湾アクアライン(浮島ICから木更津金田ICまで)


走行例:水上IC~湯沢IC間

通常料金ETC車割引料金
普通車1,270円850円
大型車1,990円1,300円

ETCマイレージサービス

ETCマイレージサービスに加入すると2つのお得なサービスが受けられます。登録はこちらからETCマイレージサービス登録カードでないと適応されません。

平日朝夕割引

地方部区間を月間5回以上。最大100km分が割引

平日の6時から9時/17時から20時に高速を走行:10回以上約50%還元
平日の6時から9時/17時から20時に高速を走行:5〜9回約30%還元

マイレージポイント

入口料金所をETC無線通信によりETCマイレージサービス登録カードにて走行してください。
通行料金10円につき1ポイント付与

1000ポイント:500円分還元
3000ポイント:2500円分還元
5000ポイント:5000円分還元

2014年ごろのETC割引はコチラ

5年前と比べると大きく変わった感じはないですね。2014年3月31日まで早朝夜間割引:50%割引の時があったと思うのでその時に印象で高く感じたのかもしれません。

車種別にシミュレーションしてみよう
中古車を検索してみよう