TOP:税金について: 自動車・軽自動車にかかる維持費を計算します。重量税について調べてみました。
×閉じる
×閉じる

自動車重量税って?重さに税金がかかるの?

 自動車重量税も車関係のわけわからん税金の一つ。どうして重量に対して税金が課せられるのか?じゃあ、人間の重量はどうなるのか?みたいな疑問も湧くが、どうやら自動車重量税法とういう法律で定義されているらしい。(昭和46年5月31日法律第89号)たぶん道路の整備費などに回されると思われる。「税収の三分の一は、道路関係の費用に使うことを目的とする自動車重量譲与税として市町村に譲与される」。とのこと。

自動車税との違いは?

従量税は国税ですので税収入は地方ではなく国になります。つまり自動車税は地方、従量税は国というように行き先が違うだけで中身は同じですよね。

やはり暫定税率のまま改正されない

 自動車重量税をWikipediaで調べてみるとどうやら、この自動車重量税もガソリン税を同じく暫定税が上乗せされているらしい。これを表でまとめると下記のようになる。2年に一回車検時に払うことが多いので2年分の税金も併記しました。
本来の税金暫定税率の税金
1年2年1年2年
軽自動車2500円5000円4400円8800円
自家用車500kg2500円5000円6300円12600円
自家用車1000kg5000円10000円12600円25200円
自家用車1500kg7500円15000円18900円37800円
自家用車2000kg10000円20000円25200円50400円
自家用車2500kg12500円25000円31500円63000円
自家用車3000kg15000円30000円37800円75600円
事業用車500kg2500円5000円2800円5600円
事業用車1000kg2500円5000円5600円11200円
事業用車1500kg5000円10000円8400円16800円
事業用車2000kg5000円10000円11200円22400円
事業用車2500kg7500円15000円14000円28000円
事業用車3000kg7500円15000円16800円33600円
 自家用車は倍以上の税金なんですね。これもガソリン税の暫定税率の期限切れと同時に暫定税率が切れるはずだったのですが、ここで突然安くなると、車検をしないで待つ人とかがでてきて混乱するので見送られたらしい。けど混乱しないですよね。ちゃんと告知してれば。

次の記事:重量税の税収入
自動車の維持費を節約するにはどうするの?