TOP:税金について: 自動車・軽自動車にかかる維持費を計算します。自動車税について調べてみました。
×閉じる
×閉じる

自動車税について調べてみました(税金収入とかね)

自動車税は毎年5月中に納めています。事業用はわりと安いのですが自家用はかなり高額。軽自動車には自動車税は課されない。これは良いですね。

自動車税額(乗用車) ※単位は円
排気量自家用事業用
1.0リッター以下29,5007,500
1.0超~1.5リッター以下34,5008,500
1.5超~2.0リッター以下39,5009,500
2.0超~2.5リッター以下45,00013,800
2.5超~3.0リッター以下51,00015,700
3.0超~3.5リッター以下58,00017,900
3.5超~4.0リッター以下66,50020,500
4.0超~4.5リッター以下76,50023,600
4.5超~6.0リッター以下88,00027,200
6.0リッター超110,00040,700

グリーン化税制で減税

2002年(平成14年)度から、排出ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車はその性能に応じ税率を軽減し、新車新規登録から一定年数(ガソリンエンジンで13年、ディーゼルエンジンで11年)を経過した自動車は税率を重くする税率の特例措置(いわゆる「自動車税のグリーン化」)が実施されている。
との事ですが、ガソリン税で燃費の悪い車はすでにその分多く税金を払っているのにここでも排気量が多いと多く支払わなければいけません。また私のように1台の車を長く乗る人間は、13年を経過した車は多く支払わなければならないのも、なんだか納得できません。(私の県では10%らしい)

税金収入は?

自動車税は地方税です。自動車の台数を調べたところ税収入は下記のような結果に。
台数自動車税/年収入/年
自家用普通車19,150,877台39500円7564億5964万1500円
自家用小型車29,116,372台34500円10045億1483万4000円
業務用普通車1,302,707台9500円123億7571万6500円
業務用小型車343,373台8500円29億1867万0500円
合計75,457,914台17762億6886万2500円
なんだかすごい数字ですね。 アメリカ合衆国では、州ごとにライセンスナンバーの更新費用として、毎年徴収され、州によってことなるが、20ドルから60ドル未満がほとんどなんですって。

海外の自動車税

日本の自動車税は日本自動車工業会の調査によれば、ドイツの約2.4倍、イギリスの約1.4倍、フランスの約6倍、アメリカ合衆国の約14倍となっている(全て同条件で比較:車体価格130万円、9年間使用、排気量1800cc)など、非常に高額である。(とのことです。参照

次の記事:自動車重量税って?重さに税金がかかるの?
自動車の維持費を節約するにはどうするの?