TOPコラム:トヨタライズ・ダイハツロッキー
×閉じる
×閉じる

2019/12/18

運転サポート「レーンキープコントロール」搭載 トヨタライズ・ダイハツロッキー

トヨタRIZEに乗ってきました。
RIZEはダイハツ系の車でダイハツではロッキーという名前で販売されていて、コンパクトSUVという位置付けの車です。
今回トヨタライズ・ダイハツロッキーも自動運転機能を搭載しているとのことです。

自動運転関連(スバルXVニッサンセレナ・デイズダイハツタントライズベンツ

加速性

エンジンは1000ccターボ。ダイハツ系のROOMYやタンクといったコンパクトカーのターボ付きエンジンと同じだそうです。
加速はすごく良くてキビキビ走ってくれます。昔のターボ車のように急にどかんとくるのではなくスムーズにターボが切り替わるそうです。
燃費は出てまもないため実際に走った感じはわからないそうです。
1500ccのシエンタはCVT車なので加速がもたっとするのですがこっちはキビキビしています。高速でもパワー不足感は無さそうです。

室内

室内はコンパクトカーと言うだけあってやはり狭めです。ただ後ろのシートを前方向に畳むことができるので荷物は結構入りそう。
ただ後ろのシートを後ろにはあまり、倒れない後ろのシートもべったりフラットにできればもっといいのに。
メーター類やパワースイッチの位置はトヨタ系と違うので違和感があります。
サイドブレーキも最近のはペダルになっているのですが、RIZEは横に付いていてギッと引っ張るタイプです。

サイズ

大きさはコンパクトカーなのでコンパクトです。デミオとかと同じくらいかな?
タイヤはやや大きめのを使っています。小回りなどは良さそうで視界も高めでわるくありません。
あと後ろのドア(ハッチバック)は軽かったのですが、樹脂製になっているようで軽いそうです。
そのかわり凹ませたら金属のように戻せなくて交換になるそうです。

トヨタシエンタ全長4260×全幅1695×全高1675
ライズ全長3995×全幅1695×全高1620
タント全長3395×全幅1475×全高1755
デイズ全長3395×全幅1475×全高1640

レーンキープ

RIZEはダイハツ系なのでトヨタセーフティセンスはつかずに別のシステムがつきます。
カメラも2つ付いているみたいで、レーンキープや先行車追従もあります。
ただレーンキープや先行車追従は試運転のコース上試せませんでした。
いちおうオンにして50km以上で走って見たのですが白線をはみ出しました。(60kmからだったみたい)
設定が悪かったのかもしれません。ダイハツ系なのでタントと同じようなはみ出した時にサポートすると言う感じではないかと思われます。

ダイハツの自動運転

ライズ・ロッキーの自動運転はダイハツ系なのでダイハツのレポを再掲載しておきます。

タントの自動運転ですが、全車速追従機能(アダプティブクルーズコントロール)とレーンキープコントロールがセットになっています。
レーンキープコントロールは60km以上で発動するのですが追従機能を起動した状態でないといけないということで、タント単独ではダメでどこかの車について行っているという状態でないと動きません。
まずは先行車追従ですが、すぐに前方の車を捉えてアクセルを踏まなくても自動で追尾くれます。追尾する車がいなくなると設定した速度で走行するようです。
こちらは全車速対応なので渋滞などでも威力を発揮します。ただ一旦停止するとリセットされて再度オンにしないとダメです。
レーンキープコントロールは白線の中央を走ってくれる機能で先行車に追従している状態で60km以上が条件です。高速道路かバイパスのようなところで効果を発揮しそうです。
ニッサンデイズの「プロパイロット」の車線中央キープですが50kmで先行車なしでも動くので機能的にはニッサンのほうが上そう。とはいえどちらも一般道では無理なことに違いはありませんが。
この機能はタント・タントカスタム共にターボ車に搭載されています。

価格

価格は200万円ぐらいで、いろいろ装備したら250万とかになるみたいです。ほぼシエンタと同じ

価格コムのレビューより価格を調べました。

トヨタシエンタ168-211万円
トヨタライズ167~228万円
タントカスタム157~190万円
タント124~171万円
デイズ129~181万円

個人的な総評

自動運転の機能がやはりスバルや日産のほうに軍配があがりそうです。
ただ、トヨタ車でこういうのは初めてに近いです。(RAV4にそれらしきサポート機能はある)
コンパクトカーでのレーンキープはライズ・ロッキーだけなのでこういうのが欲しかった人には良さそう。