TOPコラム:2015新型シエンタ購入
×閉じる
×閉じる

新型シエンタ(2015タイプ)購入レポ

7月に発表がありTOYOTAの営業さんからどうですかと言われていました。
新しいシエンタは個性的で前のシエンタより好きなのと、ハイブリッドやレーダーブレーキサポートもあり、毎年お盆と正月に九州まで長距離帰省800km走る私にとってはかなり魅力的。
8月末、見積をしてもらい、条件を提示してもらいました。

下取りと値引き

今なら納品は年末になりますが下取り価格を今の査定でそのまま下取ります。
また私はTOYOTAのお客さんなんでしょっぱなからMAX割引でご提案させていただきます。
とのことで、月刊自家用車でいうA級の割引をいただきました。
ホームページに書いてもいいですかと聞くと「それは勘弁してください」とのことなので きっといい値引きなんでしょう。(本体でいくらオプションでいくらと会社から決められているそうです)
また、この営業さんにはワールドビジネスサテライトの時とか、なにかと取材させてもらっているので購入することにしました。
(前回購入した時は1ヶ月ぐらいあちこちのディーラー回ったのですが今回は2回で決めてしまった。)

どのグレードにするか

買うなら前のよりちょっとグレードアップしたかったのでGパッケージ。
Toyota Safety Sense C(衝突回避支援パッケージ)を付ける場合は「オプティトロンメーター」が必要なため実質Gパッケージを選択するしか無い。
ハイブリッドは高いのでやめました。高速ではあまり効果も無いのと、20年乗らないとトータルではお得にならないと計算済み。
色は黄色で!(CMの色です)
あこがれていたアルミホイールもつけました。

納車

納品は8月の注文で12月ごろになりますとのことでした。ちなみに12月に買うとGWごろの納品となるそうです。

納車されてのレポ

新しい車はやっぱりテンション上がりますね。家を出る時にドアを開けたらピカピカの黄色い車。うれしいし、家族も喜んでいます。そして大金使ったのでまた頑張ろうという気になります。
乗ってみるとまさに未来の車です。以前DEMIOに13年乗った後でシエンタに買い替えた時も驚いたのですが、今回もまた驚きました。
まず、キーが鍵ではなくなってリモコンになっています。(スマートキー?)ドアに触るだけでロックとオープンができます。エンジンの始動もボタンだけで、スタートするとGood morning!とかメータのところに出ます。
Toyota Safety Sense は車線をはみだしたり、信号待ちでぼっとしてると警告してくれます。また、先行車が急ブレーキで止まった時とかも赤く警告が出ていました。かなり安心な感じがします。
警告がうるさいかなと思ったのですが前の車に近すぎて警告はほとんどありませんでした。車線はみだし警告は自転車を抜く時とか路駐の車を避ける時とかよく鳴るので街乗りでは切ってもいいかも。
ウィンドウは狭くなったのですが運転の感覚は前のシエンタとそんなにかわりません。
ミラーのところに小さな窓がついたのでちょっとよく見えます。
アクアのエンジンを積んでるそうで燃費は良くなっています。またエコドライブかどうか判定もしてくれていろいろ楽しめそうです。 アイドリングストップも搭載です。始動をうまくやってくれるのでさほど気になりません。(急いで右折のような時にアイドリングストップはどうかなと思ったのですが普段から安全運転なのでまったく問題ありません。)ドアのポケットはスマホをおくのにぴったりに設計されています。ドリンクホルダーも2つあるので長距離走る時に嬉しいです。
ETCも専用の付ける場所がありました。
後部座席のパワースライドドアも小さなボタンで開け閉めできます。
シートの座り心地も良くなりました。

悪くなったところ

2列目のリクライニングが弱くなりました。 3列目の出し入れの方法が変わって、ちょっと不便になった感じですね。出し入れだけだといいのですが乗り降りもちょっと不便。 収納は減りました。ガソリンの会員カードを入れておくところが無いのでどうしたものか。
ちょっぴり(15cmほど)長くなりました。
運転席から助手席への移動がシフトノブのでっぱりが多いので移動しにくくなりました。(うちは助手席側から乗り降りしているので)

こんなところです。全体的には最高に楽しいです。めっちゃ売れているらしいので今後いっぱい出てくるのでしょうが、しばらく楽しく乗ります。

あと、またナビも自分で取り付けたのでそのレポはコチラ。2015型シエンタにナビを取付