TOP:新車vs中古車:中古車のメーター巻き戻しの判別—中古車の選び方
×閉じる
×閉じる

中古車のメーター巻き戻しの判別—中古車の選び方

走行距離20万キロの車のメーターを巻き戻して走行距離7万キロで売ってしまう。こういうことがたまにあります。
いまだに市場にメーター不正車がでまわっているとか。このメーター巻き戻しを判別する方法を調べました

【メーター不正車】とは

事故車の自動車を修理して出すことはよくありますが、事故車を隠して販売すると不正販売となります。
メーターに関しては走行距離をごまかすというもので昔からずっとある不正です。修理をする必要もなく比較的簡単に巻き戻せるようなのと、巻き戻しただけだと見分け方が難しいので横行していると思われます。
友人の話ですが愛車を下取りに出す時にメーターおかしいですよとはじめてわかったそうです。
買った中古車屋さんに文句を言おうと思ったらすでにつぶれて無くなっていたそうですが、もしかしたら別のところで商売しているかもしれませんね。こういう頻繁に中古車屋さんが入れ替わるようなところは要注意。

格安品にも要注意

これはお買い得!な車や今買わないと売れちゃいますよ的な車は要注意です。安さにはなにか理由があるはずで、極端に安い車は気をつけたほうがいいようです。
特に総合的な品揃えの中古車屋さんの格安品はよくないみたいです。ミニバン専門店とか車種専門店のような専門店の格安品はまだだいじゅオブみたいです。

見分け方1 車検証か整備手帳を確認

助手席の車検証入れそこに車検証や整備手帳が入っているはずです。それをチェックすれば前回整備時の走行距離が記載されています。

見分け方2 オイル交換シール

オイル交換をしてもらうとオイル交換シールというものをボンネットの中に貼ってもらえます。そのシールに前回交換時の走行距離が記載されていますのでそれを確認します。

見分け方3 走行メーター管理システムを使う

車体番号から走行距離を調べてもらうサービスで過去のオークション履歴からデータを探すそうです。
1件あたり1500円かかることと現車を持ち込む必要があること(各都道府県の自動車会館内にありそうです。くわしくはHPで)

http://www.jaai.or.jp/soukoumetor.html

手軽にWEBで調べることができない上に持ち込みなのでこれは購入後にやっぱり怪しいと思った時に調べてもらう感じですね。

格安車に手をださないにこしたことはないが

中古車とはいえ車なのでそこそこ値段がするのも事実。もし心配なら大手(カーセンサーやグーネット)の加盟店やガリバー、ビッグモーターなんかの大規模な中古車屋さんに鑑定書のようなものがあると思うので、その鑑定書がついている中古車を選ぶと比較的安全かと思います。