コラムカーアクセサリー:[トヨタ]パノラミックビューモニター
×閉じる
×閉じる

[トヨタ]パノラミックビューモニターレポート

[トヨタ]パノラミックビューモニターは自動車を真上から見た状態をナビの画面に表示してくれる機能。コマーシャルなんかで見たこともあると思いますが、駐車時や低速走行時に便利な機能です。半年ぐらい使って見て実際どうなのかレポートします。

撮影は助手席で撮ってもらっています

駐車時1

一般的な駐車場。駐車スペースには白いラインが引いてあります。こういうところはとても見やすくスペースにぴったり収めることができます。まっすぐ止めるのも前後の位置も決めやすいです。

白いラインはわかりやすい。(前向き駐車)

駐車場からバックで出る時。ハンドル連動で黄色い線が表示される

駐車時2

自宅の駐車場。白いラインがなく障害物も電柱だったりブロック塀だったり高さがあります。こういうところはパノラミックビューで見てもわかりにくくぶつかるかどうかわからないので、サイドミラーの方があてになります。
逆にサイドミラーではばっちりいける隙間があるのですがパノラミックビューだとぶつかりそうに見えて駐車時に時間がかかるようになってしまいました。

自宅のガレージに駐車

前後の感覚はつかみやすいが右側なんかぶつかりそうに見える

右折時

右折時に狭い道なんかだとラインのどこまで寄せれるかなんかが真上からの視点になるのでわかりやすいです。写真はかなりギリギリまで寄せていますがそうしないと左側の邪魔になり一車線ふさいででしまうので寄せています。
ほか前の車との距離や後ろの車との距離もわかりやすいです。パノラミックビューで見るとおもったより前に詰められることがわかります。

右折時。ギリまで寄せるのがやりやすい

こちらは左寄せ時

信号待ち時も表示される。個人的には普通の車間距離だけどまだまだ詰めることができることがわかる。

一時停止の確認

止まれの標識がある一時停止のところですが、正直あまり見ていません。いちおう映ってはいるのですがなにかが接近しているのかどうかはちらりと見るもののよくわかりません。

4つのカメラを合成している

パノラミックビューモニターは4つのカメラを合成しています。1つはバック用のカメラ。もうひとつはフロントのカメラ、あと2つはドアミラーの下についています。この4つのカメラで映したデータを合成してまるで車の真上にカメラがあるように表示しています。おもしろいですね。
カメラは後付けできないのですが、実はアダプターを使うと市販のナビにも表示することができるようです。ただし対応車種になっているかはメーカーのHPで要確認です。

バックカメラ

フロントカメラ

左ドアミラーカメラ

右ドアミラーカメラ

カメラのアップ