TOPコラム:自動車をやめるべきか?
×閉じる
×閉じる

 今、乗っている自動車がこわれつつあるようなので買い替えを検討。自動車税が安い軽自動車にしようかなと、いろいろ調べていると、自動車に乗っているだけで月々どれくらいかかっているのか気になってきました。
 で、調べてみると私の場合、任意保険が月3500円ぐらいで、年間3000km程度で燃費は10kmなのでガソリン代が3000km÷10km×150円で45000円、それに車検140000円、自動車税34500円を合わせると、月々16000円ぐらいかかっていることが判明。軽自動車にすると月々9000円なので確かにだいぶお得になる計算。
 そこで「待てよ・・・」。車を買い替えると車代がかかります。もちろん前の車も購入代金はあったわけで、それを考えると月々25000円ぐらい使っていたことになりそう。以前から思っていたのですが、いっそ自動車に乗ること自体をやめてタクシーやレンタカーを使ったほうが僕の場合(年間3000km程度なので)安いのでは?と思い始めました。
 そう思うと、もっと細かく調べてみたくなり、再度計算

自動車取得税50000円
重量税/年18900円
自賠責/年11235円
自動車税/年34500円
ガソリン代/年
(内ガソリン税21520円※ガソリン税1リットルあたり53.8円)
60000円
燃費10km/lで計算
車検費用/年29865円
任意保険代42000円

 このペースだと年間30.8万円使っていて内税金が9.1万円の計算になる。年30.8万円って・・・海外旅行とか他に使えそう。。。どこかのホームページでは「生涯車に2500万円使う事になる」と書いてあったけど、僕の場合それほど行かないにしても計算すると
維持費/生涯(50年で) 1537.5万円税/生涯(50年で) 455.8万円(自賠責も税金として計算)
という計算になる。維持費も高いが、この税金はなんなんだ・・・。 こうなってくると、僕の場合自動車は持たないほうが良いようなきがしてきた。というわけで、自動車を手放す方向で今進んでいます。不便になるだろうけど、試してみる価値はありそう。
 とりあえず計算サイトを作成しました。
 そしていろいろ疑問が出てきました。自賠責は必要なのか?とか重量税もおかしくないかとか、車を趣味で楽しむ人は良いけど、交通の不便なところで自動車が生活必需品のところには、この税金は無茶じゃないかとか。 今、道路特定財源を一般財源にとか討論されていますが、自動車にかかる税金を道路の維持に使うのはいいと思うが、一般財源にまわすぐらいあまってるなら減税して欲しいと思う。