TOPコラム:65歳以上の高齢者サポカー補助金
×閉じる
×閉じる

65歳以上の高齢者サポカー補助金

国土交通省・経済産業省同時発表
令和元年12月23日から65歳以上の高齢者による安全機能付き自動車の購入を支援するサポカー補助金の詳細を公表しました。
新車については、令和元年12月23日から新規登録・検査届け出をした登録車と軽自動車が対象となります

補助対象者

令和元年度中に満 65 歳以上となる高齢運転者

車両導入補助事業

[1]衝突被害軽減ブレーキ
[2]ペダル踏み間違い急発進等抑制装置
登録車10万円、軽自動車7万円、中古車4万円

[1]衝突被害軽減ブレーキのみ
登録車6万円、軽自動車3万円、中古車2万円

後付け装置導入補助事業
害物検知機能付  4万円
障害物検知機能なし 2万円

留意事項

・自家用自動車については、法人名義での購入は補助の対象外。また、補助の交付は、1人につき1台限り。

・事業用自動車については、法人名義での購入は補助の対象。また、1事業者につき65歳以上の高齢運転者の人数を超える数の車両または後付けペダル踏み間違い急発進抑制装置の補助の交付は受けられない。

対象車

対象車は国土交通省にアップされていますが普通の乗用車であればほとんど対象のような感じですね。 https://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000329.html

以下に対象車種を掲載します

対象車種であってもグレートやオプションによって内容が変わりますので詳しくはディーラーにお問い合わせください。

スズキ

アルト・アルトラパン・ジムニー・ジムニーシエラ・キャリイ・エスクード・エブリイワゴン・エブリイ・クロスビー・イグニス・ワゴンR・ソリオ・スペーシア・ハスラー・スイフト・ランディ

ダイハツ

ミラ イース・ミラ トコット・キャスト・ムーヴ・ムーヴ キャンバス・タント・ウェイク・アトレーワゴン・ブーン・ロッキー・トール・メビウス・アルティス・ハイゼット トラック・ハイゼット カーゴ・ハイゼット キャディー

トヨタ

プリウス・アクア・クラウン・カムリ・プリウスα・MIRAI・アルファード・ヴェルファイア・グランエース・ハリアー・RAV4・プリウスPHV・カローラスポーツ・カローラ・カローラツーリング・C-HR・ヴィッツ・シエンタ・ポルテ・スペイド・ノア・ヴォクシー・エスクァイア・ジャパンタクシー・ランドクルーザー・ランドクルーザープラド・スープラ・ハイラックス・プロボックス・サクシード・ハイエースワゴン・ハイエースバン・レジアスエース・マークX・ヤリス・ピクシスエポック・ピクシスジョイ・ピクシスメガ・パッソ・ライズ・タンク・ルーミー・ピクシス トラック・ピクシスバン

レクサス

GS・ES・IS・RC・CT・RX・NX・UX・LS・RC F

マツダ

MAZDA2・MAZDA3・MAZDA6・CX-3・CX-30・CX-5・CX-8・ROADSTER・FLAIR・FLAIR WAGON・FLAIR CROSSOVER・CAROL・SCRUM WAGON・BONGO BRAWNY VAN・FAMILIA VAN・SCRUM VAN・SCRUM TRUCK・AXELA

下に続く

スバル

レガシィ・インプレッサ・XV・フォレスター・レヴォーグ・WRX・プレオプラス・ステラ・シフォン・ディアス・ジャスティ・サンバー・トラック・オープンデッキ

三菱

アウトランダーPHEV・アウトランダー・エクリプスクロス・RVR・デリカD:5・デリカD:2・eKクロス/eKワゴン・eKスペース/eKスペースカスタム・タウンボックス・ミニキャブバン・ミニキャブトラック・ランサーカーゴ・RVR

ニッサン

リーフ・ノート・デイズルークス・デイズ・セレナ・スカイライン・ジューク・エルグランド・エクストレイル・NV150 AD・NV100クリッパーリオ・NV100クリッパー・シーマ・フーガ

ホンダ

フィット・フィット MT・シャトル・フリード・オデッセイ・ステップワゴン・グレイス・レジェンド・クラリティ FUEL CELL・クラリティ PHEV・インサイト・ジェイド・シビックハッチバック・シビックセダン・アコード・ヴェゼル・CR-V・N-VAN・N-VAN MT・N-WGN・N-BOX

後付け装置

(1)障害物検知機能付きペダル踏み間違い急発進等抑制装置 

・踏み間違い加速抑制システム (トヨタ自動車) 
56100円(工賃別)

(アクア:11年12月~18年4月・ ヴィッツ:10年12月~18年5月・ アリオン:07年6月〜16年5月・ カローラアクシオ:12年5月~17年10月・ カローラフィールダー:12年5月~17年10月・ スペイド:12年7月〜19年7月・ パッソ:10年2月~16年4月・ ポルテ:12年7月〜19年7月・ プリウス:09年5月~15年12月・ プリウスα:11年5月〜・ プレミオ:07年6月〜16年5月・ WISH:09年3月〜17年10月)

・ペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」 (ダイハツ工業)
工賃込み5万9508円

(タント [L375S系](2007年12月〜2013年9月) ムーヴ [L175S系](2006年10月〜2010年12月) ムーヴ [LA100系](2010年12月~2012年12月) ミラ [L275S系](2006年12月〜2013年2月)(4WDを除く) ミラココア [L675S系](2009年7月~2018年2月) ミライース [LA300系](2011年9月~2013年8月) ムーヴコンテ [L575S系](2008年8月~2017年1月) タントエグゼ [L455S系](2009年12月~2014年9月)

(2)ペダル踏み間違い急発進等抑制装置

・ S-DRIVE 誤発進防止システム2(普通車専用タイプ、軽自動車専用タイプ)(サン自動車工業)
40000円(工賃別)
・ JARWA_S-DRIVE(SD0102S、SD0104S)(日本自動車車体補修協会)
40000円(工賃込み)
・ ペダルの見張り番2)(データシステム)
40000円(工賃込み)
・ アクセル見守り隊(データシステム)
2万8000円(工賃別)

(3)ペダル踏み間違い防止装置

・ ワンペダル(ナルセ機材)
170,000円(税込み187,000円)から

まとめ

消費税10%に伴って導入された環境性能割が2020/9/30までなら安くなるので買い替えを検討されていた高齢者にとっては買い時ですね。
(環境性能割の減税はハイブリッド以上のエコカーになります)
とはいえ新車だと安くても150-200万ぐらいはしそうです。ただ踏み間違い事故はシャレになんないので検討したいですね。
後付けは4万からあるのでかなりやすく取り付けられそうですね。とくにトヨタ・ダイハツのはメーカー純正なので安心ですし、4万の補助になるのでかなり安くすみそうです。