TOP:税金について: 重量税の税収入について調べてみました。
×閉じる
×閉じる
格安SIMで携帯料金を抑えて自動車にまわそう!モバイルランニングコスト(管理サイト)※月々5000円節約も可能

重量税の税収入

 例によって料金シミュレーションをしてみましょう。自動車の登録台数と、軽自動車と自家用車と事業用車の台数と重さがわかれば正確な数字が出るのですが、
財団法人 自動車検査登録情報協会に自動車保有台数統計データというのがありました。自動車保有台数(四輪車)は平成20年で75,939,056台計算すると
台数重量税/年収入/年
自家用普通車19,150,877台25,200円482,602,100,400円
自家用小型車29,116,372台15,750円458,582,859,000円
自家用軽自動車25,544,585台4,400円112,396,174,000円
業務用普通車1,302,707台7,000円9,118,949,000円
業務用小型車343,373台11,200円3,845,777,600円
合計75,457,914台1,066,545,860,000円
※クラウンが普通車(3ナンバー)で1620kgで計算
※小型車(5・7ナンバー)は1000kgをオーバーするかしないか微妙なので1000kgと1500kgの間の値段で計算
※合計台数の誤差はバイクとかの台数を入れていないから、つまり合計額は最低これだけはあるという額。

額が大きすぎますが、収入は最低10665億4586万円ということがわかります。


自動車連のホームページhttp://www.jada.or.jp/も参考になります。

次の記事:ガソリン税は1リットルあたり53.8円
自動車の維持費を節約するにはどうするの?

おすすめページ