TOP:税金について: 自動車・軽自動車にかかる維持費を計算します。ガソリン税について調べてみました。
×閉じる
×閉じる
格安SIMで携帯料金を抑えて自動車にまわそう!モバイルランニングコスト(管理サイト)※月々5000円節約も可能

ガソリン税は1リットルあたり53.8円

ガソリン税はテレビでよく話題になりましたがWikiで調べると
1973年~1977年度の道路整備五ヵ年計画の財源不足に対応するために、本来の税率のおよそ2倍の暫定税率が適用されている。この項目は30年以上延長されており、2008年5月1日から2018年3月31日までガソリン1リットルあたり53.8円と再増税になっている。
らしい。

ガソリン税にも消費税がかかる

ガソリン1リットルあたり53.8円で
内訳は揮発油税48.6円、地方道路税5.2円
本来はガソリン1リットルあたり28.7円で
内訳は揮発油税24.3円、地方道路税4.4円
さらにガソリン本体価格とガソリン税の合計に消費税が課される。揮発油税に更に消費税を課していることから、二重課税。

軽油の税金は?

軽油は軽油引取税というのがあって
2018年3月31日まで軽油1リットルあたり32.1円の軽油引取税が課せられる。
なお、本則は軽油1リットルあたり15.0円である(地方税法第700条の7)。
軽油引取税には消費税は課されない。

なお灯油には揮発税はかからない。

ガソリン税の税収入

「日本のガソリン消費量」は経済産業省の統計から統計表一覧(資源・エネルギー統計)の平成19年年計(年間補正後)エクセルファイルをダウンロードすると、下表のようになります。
項目年間消費量税金年間税収
自動車用ガソリン60,527,925kl53.8円/l32564億0236万5000円
軽油44,173,420kl32.1円/l14179億6678万2000円
灯油24,172,828kl0円/l0円
これまたハンパない収入ですね。 これが暫定税率の無い本来の税金に戻ると
項目暫定税暫定税の年間税収本来の税年間税収
自動車用ガソリン53.8円/l32564億0236万5000円28.7円/l17371億5144万8000円
軽油32.1円/l14179億6678万2000円15.0円/l6626億0130万円
となり、一気に半分程度になります。暫定税率なくならないはずですね。

次の記事:自賠責保険って使えるの?
自動車の維持費を節約するにはどうするの?

おすすめページ